創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
フリーダイヤル0120-59-1359
image image

伸芽会の6つの力 伸芽会の6つの力

伸芽会の6つの力 伸芽会の6つの力

image

ー 歴史・教師・指導・環境・カリキュラム・情報 ー
伸芽会は幼児教育のパイオニアです。

  • 歴史の力

    1956年創立。幼児教育のリーディングカンパニーです。

    伸芽会は1956年、幼児教育の専門教室として発足しました。
    以来、半世紀以上にわたり、幼児教育の先駆者として着実な歩みを重ねてきました。
    その過程で蓄積され、熟成された伸芽会独自のノウハウは、
    他の追随を許さない重みを持っています。
    一朝一夕の詰め込みや、安易なマニュアル教育が通用しない幼稚園・小学校受験の世界では、経験やノウハウの蓄積こそが、合格をもたらす切り札になります。伸芽会の合格実績は、
    名門校の求める子どもを数多く送り出してきた、不動の歴史に支えられているのです。

    image
  • image

    教師の力

    合格実績のある教師にしかできない「仕掛け」があります。

    芽を伸ばすといっても、ただ見守るだけではありません。
    伸芽会の教師は、子どもの資質を引き出すためのテクニックやアイデア仕掛けを
    豊富に知っています。
    たとえば、記憶嫌いの子に楽しく覚えさせる仕掛けや、人見知りの子を集団の輪に誘うアイデア。
    そんな技量があれば、詰め込み指導をする必要はありません。
    どんな子どもでも自身を失うことなく、力を伸ばしていくことができるのです。
    こうしたことは、実際に多くの子どもを指導し合格へ導いた経験のある教師にしか
    成しえないことです。

  • 指導の力

    名門校が求める「発想力豊かな子ども」を育てます。

    伸芽会には「教えない教育」「体験教育」「自助教育」という3つの理念があります。
    「教えない教育」というと、教えなければ合格できないのでは…と不安を抱く
    保護者の方が多くいらっしゃいます。
    それでも敢えて「教えない教育」を掲げているのは、
    有名幼稚園・小学校の入試は好奇心や探究心、発想力が合格のカギとなるからです。
    つまり『なんだろう』『なぜだろう』という心を育てる指導が大切なのです。
    教えるのでなく、よい体験を与えることで、子ども自身に感じ、考えてもらう。
    それが伸芽会の指導です。

    image
  • image

    環境の力

    本番の雰囲気で学べるよう、独自の工夫をしています。

    子どもは環境に左右されやすいものです。本番で緊張せず、実力を発揮するには、
    普段から入試本番の雰囲気に慣れておくことが大切です。
    伸芽会では集団指導や運動テストにも使える広い教室で、
    本番の雰囲気を体感しながら学ぶことができます。
    机の配置や扱う具体物などにも独自の工夫が施されており、
    個人規模の教室ではなかなか実現できない環境になっています。
    日当たりがよいことや、交通が便利で通りやすいこと、
    安全であることなどの基本的な条件ももちろんクリアしています。

  • カリキュラムの力

    出題傾向をしっかり分析して開発したカリキュラムです。

    各園や各校の出題傾向を綿密に分析し、独自のルートで収集した情報をもとに、
    入試で求められるものを、余すことなく育てるカリキュラムになっています。
    たとえば、年長児クラスのカリキュラムは、観察や実験を多く取り入れた授業展開で、
    合格に必要な総合力を育成します。
    理解領域だけでなく、発表力や運動テスト、面接・願書対策などもしっかり
    フォローするので、合格に向けた体系的な学びが可能になります。
    ひとりひとりのニーズに的確に対応する志望校別・個人別カリキュラムも用意しています。

    image
  • image

    情報の力

    入試に関する正確な情報をどこよりも早く届けます。

    幼稚園・小学校受験は未公開の部分が多いため、出どころのわからない噂や、
    誤解に基づく情報に振り回される場合が少なくありません。
    入試情報は、合否を左右する大切なもの。
    正しい情報を入手することが、志望校には不可欠です。
    永年の実績がある伸芽会では、全国規模の確かなルールで入試情報を収集しています。
    さらに、収集した情報をコンピュータで集計。
    分析し、指導やテスト、カリキュラムづくりに反映しています。
    正しい情報をどこよりも早く保護者に提供することは、伸芽会の使命でもあります。

  • 歴史の力

    image

    伸芽会は1956年、幼児教育の専門教室として発足しました。 以来、半世紀以上にわたり、幼児教育の先駆者として着実な歩みを重ねてきました。 その過程で蓄積され、熟成された伸芽会独自のノウハウは、 他の追随を許さない重みを持っています。 一朝一夕の詰め込みや、安易なマニュアル教育が通用しない幼稚園・小学校受験の世界では、経験やノウハウの蓄積こそが、合格をもたらす切り札になります。伸芽会の合格実績は、 名門校の求める子どもを数多く送り出してきた、不動の歴史に支えられているのです。

  • 教師の力

    image

    芽を伸ばすといっても、ただ見守るだけではありません。 伸芽会の教師は、子どもの資質を引き出すためのテクニックやアイデア仕掛けを 豊富に知っています。 たとえば、記憶嫌いの子に楽しく覚えさせる仕掛けや、人見知りの子を集団の輪に誘うアイデア。 そんな技量があれば、詰め込み指導をする必要はありません。 どんな子どもでも自身を失うことなく、力を伸ばしていくことができるのです。 こうしたことは、実際に多くの子どもを指導し合格へ導いた経験のある教師にしか 成しえないことです。

  • 指導の力

    image

    伸芽会には「教えない教育」「体験教育」「自助教育」という3つの理念があります。 「教えない教育」というと、教えなければ合格できないのでは…と不安を抱く 保護者の方が多くいらっしゃいます。 それでも敢えて「教えない教育」を掲げているのは、 有名幼稚園・小学校の入試は好奇心や探究心、発想力が合格のカギとなるからです。 つまり『なんだろう』『なぜだろう』という心を育てる指導が大切なのです。 教えるのでなく、よい体験を与えることで、子ども自身に感じ、考えてもらう。 それが伸芽会の指導です。

  • 環境の力

    image

    子どもは環境に左右されやすいものです。本番で緊張せず、実力を発揮するには、 普段から入試本番の雰囲気に慣れておくことが大切です。 伸芽会では集団指導や運動テストにも使える広い教室で、 本番の雰囲気を体感しながら学ぶことができます。 机の配置や扱う具体物などにも独自の工夫が施されており、 個人規模の教室ではなかなか実現できない環境になっています。 日当たりがよいことや、交通が便利で通りやすいこと、 安全であることなどの基本的な条件ももちろんクリアしています。

  • カリキュラムの力

    image

    各園や各校の出題傾向を綿密に分析し、独自のルートで収集した情報をもとに、 入試で求められるものを、余すことなく育てるカリキュラムになっています。 たとえば、年長児クラスのカリキュラムは、観察や実験を多く取り入れた授業展開で、 合格に必要な総合力を育成します。 理解領域だけでなく、発表力や運動テスト、面接・願書対策などもしっかり フォローするので、合格に向けた体系的な学びが可能になります。 ひとりひとりのニーズに的確に対応する志望校別・個人別カリキュラムも用意しています。

  • 情報の力

    image

    幼稚園・小学校受験は未公開の部分が多いため、出どころのわからない噂や、 誤解に基づく情報に振り回される場合が少なくありません。 入試情報は、合否を左右する大切なもの。 正しい情報を入手することが、志望校には不可欠です。 永年の実績がある伸芽会では、全国規模の確かなルールで入試情報を収集しています。 さらに、収集した情報をコンピュータで集計。 分析し、指導やテスト、カリキュラムづくりに反映しています。 正しい情報をどこよりも早く保護者に提供することは、伸芽会の使命でもあります。

資料請求・お問い合わせ