創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
フリーダイヤル0120-59-1359
image image

みらいのタネまき|プラスワン教育●ピアノ 小さいころに身につけたい、大切なことがあります。

聴く、歌う、弾く……などの練習が将来につながる「音感」と「感性」を育てます

gassyou_piano「今日は新しい曲、『じゃんけんぽん』です。この歌、知ってるかな? 一緒に歌ってみましょうか」
先生の伴奏に合わせて元気な歌声がレッスン室に響きます。歌の練習が終わると、次は先生のお手本を聴いてから、「ソ ソ ミ ミ ド レ ミ」と右手の音、左手の音を読んで、歌って、右手、左手、両手で弾く練習が続きます。
「音感を鍛えるためには幼いうちから聴く、歌う、リズムをとる、音を覚える、弾くといったさまざまな練習をすることが大切です。ピアノの指導は先生によって違いますが、私は最初から左手のトレーニングもします。左右の手を同時に、別々に動かすことで、脳が活性化して集中力が養えるからです」と先生。
レッスンには、子どもたちが音楽に親しめるように、音符カードを使ったゲームや、ワークブックを使って音符の足し算・引き算をするなどの工夫が取り入れられています。また、イメージ力や表現力を養うために、練習曲から風景や場面を想像して絵に描くことも行っている先生。最初のうちは集中できない子どもたちも、個性に合わせたレッスンを繰り返していくことで、やる気のスイッチが入るといいます。
基準音律を学ぶのに最も適したピアノは、ほかの楽器を習う上でプラスになるだけでなく、豊かな感性をはぐくみ、脳の発達を促して集中力を伸ばしていくのにも役立ちます。

資料請求・お問い合わせ