創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
フリーダイヤル0120-59-1359
image image

まーぶしんが~ずVol.5|働く私たちは、仕事と両立しながら名門校に合格できました!

~働くお母様の合格体験談インタビュー~

2月17日に行われた、mave(まーぶ)特別セミナー「働くママ・パパの子育て&受験セミナー」。働きながら名門校に合格されたお母様のインタビューの模様を今回特別に『mave SHINGA’S』誌上でご紹介します。

出演者紹介
司会進行 先生

gatag-00009228Nさん
お子様は、今春より暁星小学校1年生。年中の秋から伸芽‘Sクラブおよび伸芽会飯田橋校に通会。

Oさん
お子様は、今春より雙葉小学校1年生。年少の秋から伸芽‘Sクラブ目黒校に通会。

Kさん
お子様は、今春より慶應義塾幼稚舎4年生。年少の夏から伸芽会荻窪教室に通会。

maveセミナーとは……受験対応型英才託児教室「伸芽‘Sクラブ」が主催する、働くお母様、お父様を応援する子育て支援セミナーです。「忙しくて小学校受験の準備ができない」「初めての受験で、何をしたらよいかわからない」など、さまざまな悩みをお持ちの方を応援し、仕事や育児に役立つさまざまな情報を提供しています。

名門小学校はどんなところ?

先生
早速ですが、N様、O様、K様。お子様がこれから通う、あるいは通っておられる学校はどのようなところか、生のお声をお聞かせください。

N
息子がこれから通う暁星小学校は、「困苦と欠乏に耐え、選んで鍛錬の道を選ぶ、気力のある少年以外はこの門をくぐってはならない」という言葉があるように、「とにかく鍛える厳しい学校」という印象でした。息子は少し気弱な所があるので、大丈夫かな、と心配していたのですが、実際に保護者会に参加してみますと、非常に面倒見がよく、やさしい先生ばかりでしたので、どんなふうに息子をご指導してくださるのかとても期待が高まっています。

O
私はまだ、受験も含めて二、三回伺っただけですので、あくまで第一印象となりますが……。雙葉小学校は、子どもだけでなく、家族にもきちんとした生活や姿勢が求められる学校だと思います。受験後の保護者会で「試験も終わったから」と、明るめの色のスーツを着ていったんですが、そんな人はほかにはいませんでした(笑)。みなさん、紺を基調にしたフォーマルな格好で、やはり普段からそのような姿勢が求められる学校なのだなあ、と改めて思いました。

K
娘の通っている慶應義塾幼稚舎は、敷居が高いというイメージがありますが、実際は先生方も保護者の方も非常に気さくで、思っていたよりもはるかに居心地のよい学校で、娘ものびのびと過ごしています。担任の先生が6年間まったく変わらないので、強い信頼関係が結べることも魅力だと思います。

先生
ありがとうございます。ところで、皆様の通われる学校には共働きのご家庭のお子様がいらっしゃるのでしょうか?

K
すごく多い、というわけではなさそうですね。

O
まだ、詳しくはわかりませんが、一定数はいらっしゃるかと思います。

N
保護者会で少しお話した限りではあまり多くないのかな、という印象です。

先生
やはり学校の中では少数派、というところでしょうか?ただ、まったくいらっしゃらないというわけでもないのでしょうね。私ども伸芽‘Sクラブにお通いになっている方も、ててもお忙しそうな方が多い印象です。

準備と時間管理の大切さ

先生
皆様はいつ頃から、どのような経緯で受験を志されたのでしょう?

N
年中の8月頃から伸芽‘Sクラブの飯田橋校を利用し始めましたが、子どもがどんどん変わり、伝統ある学校教育を受けるとはこういうことかと感じました。先生からも「せっかくですから挑戦してみませんか?」と言われまして、最初は「働いていても大丈夫なのかな」と半信半疑でしたが、実際に準備を始めてみると、子どもが何だか逞しくなってきたように思えまして、真剣に受験を考えはじめました。

O
私たちの場合、年少の11月から伸芽‘Sクラブに通っていて、年中の9月から伸芽’Sクラブにも入会しました。今視界をしてらっしゃる先生に教わっていたのですが、どんな魔法を使われたのか(笑)。年中の秋頃には、本人が行ったこともないはずの雙葉小学校に「絶対行くんだ!」と言っていました。

K
伸芽会への入会は年少の夏頃ですが、最初は受験を考えていたわけではなく、早めに教育的な部分を進めておきたいな、と思っての入会でした。その後、通っているうちに受験が視野に入ってきた、という感じです。

先生
準備の時間は十分でしたか?

K
そうですね、年少からお世話になっておりましたので、期間としては充分だったと思うのですが、それでも試験が迫ってくるとあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、という焦りは出てしまいましたね。

O
私も年少から2年間、伸芽会にお世話になりましたので、他の方より準備期間は長かったと思います。ですが、娘はスロースターターでしたし、途中まで共学校と女子校、両方の準備をしていましたので、少し厳しかったな、という印象です。

N
私は1年半ほどお世話になったのですが、息子が神経質なタイプで、結構抵抗されましたので、時間的にはかなりたいへんでした。年少の、あまり物心がついていない時期からお教室に通う習慣ができていれば、もう少し余裕ができたのに、と今になって思います。

先生
O様やN様は少し準備期間が足りなかったと感じられたようですね。やはり、働きながら受験の準備をするのはたいへんでしたか?

N
とにかく圧倒的に時間が足りませんでした。私は仕事が忙しく、結局受験前日・当日も仕事を休むことができず、伸芽‘Sクラブに任せっきりになってしまいました。家に帰るともう遅く、食事の用意もたいへんなほどでしたので、勉強の時間はせいぜい1日1時間というところだったと思います。ただ、時間が短い分、集中して勉強できた点はよかったかな、とも思います。

O
時間の制約は厳しかったですね。ただ、私の場合、仕事をしていたことで煮詰まらなくて済んだ、という気もしています。子どもと二人きりでずっと勉強をしていると、「何でできないの!」とイライラしてしまうこともありましたので……。私にとっては働いていたことがむしろメリットに働いたと思います。

K
お二人のおっしゃる通りですね。私にとっても仕事は受験の気晴らしになっていたように思います。それに、時間がないことは確かに不利でしたが、使える時間でしっかり課題を終わらせようと集中する意識が生まれましたし、1日10分でもいいので勉強をする、予定を立てて課題を進めるなど、工夫して学習したことが結果的にはよい方向につながったと思います。

受験を通し家族の絆が深まった

先生
お父様のご協力はありましたか?

K
主人は夜勤などもある仕事で多忙でしたので、勉強をみるという点では戦力外でした(笑)。でも、休みの日に公園に連れて行くとか、伸芽会の送り迎えとか、できる範囲で手伝ってくれました。勉強を見ているとヒートアップしてしまうこともありましたが、そこを主人が「まあまあ」となだめて、クールダウンしてくれたことは、案外大きかったように思います。

O
私の夫は、結構協力的だったかな、と思います。伸芽会への送り迎えはもちろんですし、伸芽会でアドバイスをいただくときも同席してくれて、受験にも理解がありました。家でもペーパーは私、運動は夫と分担して取り組みました。それから、家ではできない巧緻性の課題などは伸芽会にお任せしていました。

N
Oさんの後ですと、主人にかわいそうな気もするんですが……。私の場合、月~土で仕事があって、家事も勉強も日曜日にやらなければなりませんでしたが、主人は「日曜日は遊ぶ日だ、俺のストレスを解消する日だ!」と主張して、朝から出かけてしまうんですね(笑)。それから、伸芽会のお迎えはしてくれるんですが、終わると子どもと一緒にさんざん遊んでから帰ってくるので、復習どころじゃなくなってしまって……。でも今思うと、受験、受験で根を詰めてばかりいるのもよくありませんし、主人の存在が子どもにもよい気分転換になっていたのかな、と思います。

先生
皆様、それぞれだったようですね。最後に、受験を志してよかったかどうか、今日お集まりの皆様に、受験をおすすめしたいかどうかをお話いただけますか?

K
受験は、してよかったと思っています。結果が出せたから、というのももちろんですが、それ以上に親子で協力して一つの目標に向かって努力したことは貴重な時間だったと思っています。仕事をしていると、季節の行事など忘れてしまいがちですが、受験がきっかけて、子どもと一緒にさまざまな体験をすることができたのも、よかったと思います。

O
自分の受験や就職試験と比べてみても、比較にならないくらい、小学校受験は大変でした。ですから、これから受験をされる方は相当覚悟したほうがよいと思います。私、同じことをもう一度やれる自信はないです(笑)。ただ、やって、やり遂げたことは親子とも大きな自信になりました。

N
やってよかったと思います。本当にたいへんで、へとへとになりましたが、親子一丸となって臨んだことが、家族の中で結束力を強めたように思います。

先生
多くの質問に答えていただき、ありがとうございました。これから受験に向かわれる皆様、ぜひ参考にしていただければと思います。

資料請求・お問い合わせ