創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
フリーダイヤル0120-59-1359
image image

しんがかい通信 VOL.15|特集 家族みんなが笑顔になれる!合格へのスケジュール管理術(1)

年中児(新年長児)にとって、小学校受験まで残り約1年。志望校合格に向け、子どもの可能性を伸ばす、伸芽会ならではの年間スケジュール管理術を大公開します。親子で楽しみながら受験準備期間を過ごすために、合格へと導く1年間の歩み方を確認していきましょう。 

12月 多くの人と出会うことで、表現力をはぐくむ 

free-illust41535年末年始には子どもにとって楽しいイベントがたくさんあります。多くの人との出会い、礼儀作法や挨拶などコミュニケーション力の基本を身につけるチャンスです。また、ひと足先に年長児へと気持ちを切り替え、生活習慣を見直してみるとよいでしょう。
伸芽会のイベント 
講習 冬期講習 テスト 学校別チャレンジテスト(早慶のみ) イベント 野外スクール  
1月  教育方針を再確認し具体的な計画を立てる  年初めは何事も始めやすい時期。ご家族で教育方針を再確認し、今年の計画を立ててみましょう。一年をかけて達成する目標だけでなく、家族間の話し合いで今季、今月、今週の目標などを決め、家族揃ってがんばり、励まし合う雰囲気をつくりましょう。 
伸芽会のイベント 
講習 冬期講習 講習 土日集中講座 テスト学校別チャレンジテスト イベント 野外スクール 
2月 反復学習を通して知識・経験を定着させる だんだん日が長くなってくるこの時期は、お子様に早寝早起きを習慣化させることで、生活リズムを確立させましょう。朝に行った問題を夜にもう一度反復するなど、朝夕の時間を有効に使いながら、知識の定着をはかるとよいでしょう。  
伸芽会のイベント 講習 土日集中講座 テスト学校別チャレンジテスト イベント  第2回入試分析報告会  イベント 野外スクール  冬の過ごし方ここがポイント 1年後の受験に向けて、しっかりとお話を聞き、落ち着いて考える習慣を定着させることが大切です。屋内で過ごすことの多い季節ですので、お手伝いや制作などご家庭での実体験を充実させましょう。できなくても焦らず、本人の意欲をそがない配慮をしてください。  
3月 親子の会話を通して会話能力をアップさせる 普段の会話の中で「きれいな花だね」「あれはなんだろう?」「風にゆられて踊っているみたいだね」と、子どもが興味を抱く言葉を投げかけ、親子の会話を増やしましょう。日常の会話を通して、個別テストや面接テストで問われるハキハキとした会話力を伸ばしていくことが大切です。 伸芽会のイベント 講習 春期講習 講習 3月特別講習 テスト学校別チャレンジテスト イベント 野外スクール  
4月 年長児としての自覚と責任感をはぐくむ 年長児へと進級することで、お兄さん・お姉さんとしての意識が高まります。家庭でも「お皿を片づける」などの役割を決めることで、責任感をはぐくみましょう。また、プリント学習を本格的に始める事で、いままでの経験や知識をチェックすることも効果的です。  伸芽会のイベント 講習 春期講習 講習 ゴールデンウィーク特訓 テスト学校別チャレンジテスト イベント 野外スクール 
5月 体験の幅を広げて苦手分野を克服する 夏からのラストスパートを前に、ゴールデンウィークを有効に活用し、遠出したり、講習に参加したりと、体験の幅を広げましょう。また、ゴールデンウィークは苦手分野を総点検するよい機会です。これまでの取り組みをおさらいし、早めに対策を立てましょう。  伸芽会のイベント 講習 5月特別講習 講習 ゴールデンウィーク講習 テスト学校別チャレンジテスト イベント 野外スクール  春の過ごし方 ここがポイント  小学校では、新年度の校長先生や担任の先生が決まり、入試に関する情報が発信されるようになります。学校情報を収集するために、広くアンテナを張っていきましょう。運動会などの公開行事があるときには積極的に見学するとよいでしょう。  新年中(現3歳児)のご家庭へ 前半 お絵描きなど机に向かう習慣をつけましょう 12~5月には、「遊ぶ時間」や「お手伝いをする時間」をバランスよく与えてあげることが、子どもの成長につながります。落ち着いて物事に取り組む習慣付けのために、読書やお絵描きなどから始め、「机に向かうこと」を取り入れていきましょう。また、伸芽会の教室に通うなど、親から離れる機会を増やし、自分の判断で行動する習慣をつけるようにしましょう。 
これはできるようになった?夏休みまでに完成させたいチェックポイント10 
合格のために家庭で確認できる、10のポイントを挙げました。夏休みまでにできるようになるよう、焦らず、確実に、段階を踏んで取り組んでいきましょう。 

①お子さんは箸やひもを上手に扱えますか? 
②お子さんは筆記用具をスムーズに扱えますか? 
③お子さんは何もおもちゃがない状況で遊べますか? 
④おうちで空き箱や牛乳パックなどで制作したことがありますか? 
⑤お子さんはハキハキと大きな声で話せますか? 
⑥お子さんは初対面の大人の人と話せますか? 
⑦お子さんは単語ではなく、文で話せますか? 
⑧お子さんは集団の中でほかの子と関わって遊べますか? 
⑨お子さんは長い距離を歩いたことがありますか? 
⑩お子さんは、ある程度の時間、きちんと座っていられますか?

資料請求・お問い合わせ