創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
フリーダイヤル0120-59-1359
image image

しんがかい通信 VOL.4|特集 来年の小学校受験をお考えのお母様へ…受験まであと1年!年中の今だからこそ取り組みたい受験準備(2)

平成19年度小学校入試まで残り約1年。「受験を考えているけど、何から手をつけていいかわからない…」とお考えの皆様も多いはず。そこで今回の特集では、2年後の受験本番に向け、この時期に取り組んでおきたい受験準備についてご紹介します。時間のある今だからこそ、できることはたくさんあるはず。やるべきことをスッキリ整理して、早め早めに備えておきましょう。 

1~2才のお子様をお持ちの皆様に

1年後の幼稚園受験に向けてはじめておきたいこと
いろんな「初めて」を考える
1~2歳児の脳は驚くべきスピードで知識を吸収していきます。新しいオモチャで遊ばせたり、初めての場所に連れていったり、いろんな「初めて」を経験させてあげましょう。数の数え方や、もんお名前といった、この時期に身につけたい知識も、五感による実体験を通じ修得することで確実なものになります。

475993母親不在の空間に慣れさせる
この時期に「母子分離」の訓練をはじめておくとよいでしょう。受験は子どもにとって初めての場所で行われますので、母親不在の空間でどれだけの力が発揮できるかが勝負の分かれ目。これは、普段からの「母子分離」の進み具合に左右されます。ポイントは、「お家以外にも楽しい場所がある」とわからせること。新しい場所で、新しい体験をたくさんさせてあげましょう。伸芽会に通い始める1~3歳児の子も、最初の頃は泣いてしまい、お母様も心配されることが多いのですが、ここが我慢のしどころ。徐々に先生やお友だちに慣れ親しみ、やがて母親のいないところでも楽しく遊べるようになります。経験豊富な伸芽会の教師が、愛情を踏まえた「母子分離」のお手伝いを行いますので、ご安心ください。
初めての場所で泣いてしまうのは当たり前。母親と離れて「泣く」ことは、健全な母子関係が築けている証拠でもあるのです。

伸芽会からのメッセージ
受験準備はチームワークが大事!小学校・幼稚園受験は「親の受験」とも言われます。お子様も大変ですが、それ以上に大変なのがご両親、特にお母様です。そこで大事なことは、お母様が1人で背負い込もうとせず、周囲の助けを上手に借りること。お子様をサポートできるのは、なにもお母様だけではありません。お父様はもちろん、祖父母、親戚、幼稚園の先生、そして伸芽会教師…。お母様1人がストレスを抱え込んでしまうとストレスの原因ともなり、お母様自信、そして何よりお子様へ悪影響が及びます。責任感の強いお母様には勇気のいることかもしれませんが、大切なお子様のためにも、積極的に周囲の助けを借りるようにしてください。苦労を共有することは、その分、喜びも分かち合うことになります。ご家族そして伸芽会を含めたチームワークで、1年後、是非とも合格の栄冠を勝ち取ってください。

資料請求・お問い合わせ