創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
創立1956年 名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア伸芽会
フリーダイヤル0120-59-1359
image image

しんがかい通信 VOL.10|お悩み相談室

受験に関する皆様からのお悩みに、伸芽会のベテラン教師がお答えします。

受験のストレスからか、卒業したはずの指しゃぶりのクセがまた出てきました。注意しても止められず、どうすればよいのでしょう。(年長・女の子のお母様より)

124823乳幼児期のクセが残っていることもありますが、目をぱちぱちさせたり、せきばらいをしたりするチック症状や円形脱毛症、指しゃぶりなどは、お子様が感じているストレスや不安が原因であることが多いようです。では、ストレスの直接の原因は何でしょうか。お子様がストレスを感じているようなようすを見せる場合、同じ時期にお母様がストレスを抱えていらっしゃることがよくあります。知識の量を問わない小学校入試は、詰め込みや暗記で突破できるものではありません。理解力、思考力、運動能力、表現能力などが年齢相応にバランスよく発達しているかどうかが問われているのです。にもかかわらず、特に受験まで残り数カ月となったこの時期は、お稽古ごとや学習時間に1日の大半を費やして遊ぶ時間が全くなくなっていたり、お子様のスランプを埋めようとさらに学習させていたりするケースがよく見受けられます。お母様が必死になりすぎるあまり、お子様のキャパシティを超えた要求をしてしまい、お子様が疲れ、親子で泥沼に踏み入ってしまっているのです。まずは、お母様の不安を解消し、気持ちに余裕を持ってお子様に接することが大切です。外で一緒に遊んだり、お子様がリフレッシュできる時間を意識的に作ったりと、「ストレスを伴う受験」ではなく、「ストレスをかんじさせない 受験」にしてあげればいいのです。お母様が変われば、お子様もすぐに変わります。また、どんなに小さな心配ごとでも伸芽会教師にご相談いただければ、長年の経験と正しい情報をもとに、生活の中で楽しく学べる工夫やお子様に合った講習の取り方をアドバイスさせていただきます。正しい準備、よい準備ができれば、受験がお子様にとってプラスとなることはあっても、マイナスになることは決してありません。お子様のストレスの原因を取り除き、よい準備につなげていきましょう。また、毎年のことですが、考査日の間近にあたふたするのではなく、お子様の成長を喜び、親子で貴重な時間をもてたことに満足なさっているご家庭が志望校に合格されています。今まで取り組んできたことやお子様を信じて、合格を勝ち取れることをお祈りしています。

資料請求・お問い合わせ